【龍門司坂】思わず『拙者』と言いたくなる郷愁的な石畳の古道!龍門滝・高倉展望台も同時に巡る
スポンサーリンク

おやっとさぁ!

ドスサントスです。

鹿児島県姶良市の「西郷どん」や「篤姫」、「龍馬伝」、「翔ぶが如く」のロケ地としても使用された「龍門司坂(たつもんじざか)」に行ってきました。

ここに来ると"拙者"って言いたくなっちゃう。笑

記事のタイトルで「郷愁的」なんて普段絶対に使わないであろう言葉をカッコつけて使ってます。すみません。響きが良かったのです。

昔、マジック・ザ・ギャザリングというカードゲームのカード名で覚えた言葉です。カード名は「郷愁的な夢(Nostalgic Dreams)」。

なんかいい感じの絵じゃないですか?カードゲームもバカにできません。

なんてどうでもいい話は置いといて。笑

この姶良市一帯は名所が多くて、すぐ近くに名所が集まっています。

龍門司坂の徒歩圏内には「龍門滝」や「高倉展望台」などの絶景ポイントもありますし、龍門温泉やキャンプ場もあって見所の多い場所になっています。

最初は龍門司坂だけのつもりで行ったので、なんか得した気分でした。笑 でも意外と歩きましたけどね。

実際に行ってきた感想、アクセスや注意点などを書きました。

スポンサーリンク

龍門司坂の感想

龍門司坂は西郷どん主演の鈴木亮平がツイッターで画像をあげていましたね。

「西郷どん」の中では、西郷と大久保が江戸に行く途中にこの道を使っているのと、西南戦争でこの道が実際に使われているので西南戦争のシーンで使われるはずです。そして、オープニング(タイトルバック)でも西郷が軍服に身を包んで歩いていますね。

龍門司坂の歴史
寛永12年(1635年)に工事が始まり、約100年後に完成。全長は約1500mあったのが、現在は464mだけ残っています。物資を運ぶ主要な場所として機能し、薩摩の経済・文化の発展に貢献しました。

綺麗な石畳の坂道で、実際行ったらどんな感じなのかを知りたくて晴れの日を狙って行ってみました。

薩摩川内方面からカーナビに従って道を進んでいたのですが、到着まで数キロとなったところでかなり細い道に入りました。離合もきついかな?なんてところもあって、ワタシキイテナイヨ〜って車の中で愚痴りながら進んでなんとか到着。

ですが駐車場が空いてない。泣 なのでUターンして、龍門滝の駐車場に車を止めに行きます。来る途中に滝が見えていましたし、龍門滝の駐車場に止めた事ですし先に龍門滝に行きましたがその情報は後ほど。


龍門司坂の入り口はこんな感じです。そこそこ登るので杖も置いてあります。足元が結構湿っていて滑りますので、不安な方は持って行った方が良さそうですね。



台風が去った後だったので結構落ち葉などが散乱してました。


半分ほど登ったところで、本格的な石畳の道が見えてきます。やはり観光する人が多くなった影響なのか、中央の苔がなくなってしまってますが。

それでもこの空間はノスタルジックですよねぇ。まさに「郷愁」です。古き良き時代を感んじながら登って行きます。周りの木々や木漏れ日が良い感じでとても癒されます。

464mという事ですが、登ってみるともうちょっと距離があるんじゃないかなぁと感じましたね。

この傾斜といい湿り具合といい...草スキーのボードで滑れるじゃん。(やめろ)


登っている途中にドラマの中に出て来る「決意の杉」がありました。しっかりと看板も立っているのですぐに分かります。やはりみなさんここで写真を撮っていました。

僕もあやかって写真を撮らせていただきました。何を決意したかって?秘密ですw←誰も興味ない。笑

龍門滝の感想

この場所を訪れて、最初に行った場所です。

龍門司坂を目的で来たので、まさかこんな素晴らしい滝があるなんて思わなかったのでラッキーでした。


滝の行く途中にのどかな川がありました。


それから温泉まで。この場所って、めちゃくちゃ良い場所じゃん!とボソボソと独り言を言いながら滝の方へ歩いて行きます。


少し登って滝が正面に見える場所まで到着。う〜ん、ビューティフル。落差も結構あって見応えがありますね。


最近、滝を巡るのも面白いなぁなんて思っていたのでラッキーでした。

上の方に展望台があったのですが断念。この後、いくつか巡る場所もあったので...。ですが行けばよかったなぁと後悔しています。なんで行かなかったのかなぁと未だに考えていて夢にも出て来るくらいですねぇ...。(嘘)

龍門司坂に行くまでの歩道があってここがまた見晴らしの良い場所でした。ホント良い居場所。

高倉展望台の感想

高倉展望台は偶然見つけたといいますか、龍門司坂を登り終わって、結構登ったし、もう少し歩いたら景色の良い場所あるんじゃないかなぁなんて思って歩いていたら辿り着いた場所です。

登り終わって左に歩いて行きました。少し歩いて行くと何やら声がする。何かあるのか?と思っていたら隠れ家のようなキャンプ場が姿を表しました。


バリバリ草スキーも楽しめる傾斜があって子供達が何度も往復していましたね。


そしてその近くに看板があって、「展望台」とあったのでそちらにレッツゴーです。


歩いて行くと駐車場やらトイレやらが見えて来ます。なんだか良さそうな雰囲気。感じの景色はどうじゃろかい。


どーん。

見つけちまった。コロンブスもこんな感動を味わっていたのかな。(コロンブスに思いを馳せるな笑)


めちゃくちゃ良い景色じゃありませんか!桜島が見えて、姶良の街を見下ろせる、何も遮るものはないぜハニー。という感じです。(どんな感じだよ)

他に人はいたのか?

いませんでした。貸切状態です。ヤッホーって叫ぼうと思ったけどベタすぎてやめた。

何はともあれ、龍門司坂だけを目的に来たのにこんな素晴らしい景色にも出会えて最高でした。

行く際の注意点

この場所に行くに当たっての注意点を二つほど。

●行くまでの道が狭い

これは行く方向にもよるかもしれません。僕は帰る道は別の道を通って、そちらの道はそんなに狭くもなく大丈夫でした。

薩摩川内市方面から行く際に狭い道に入ってしまう事もあるかもしれませんので注意してください。

結構狭くて車がすれ違うのがやっと、あるいは対向車が来たらアカン場所もありました。慎重に進んでください。

●坂が湿っていて滑る

龍門司坂は結構湿っていて、所々滑りました。できるだけ運動靴で行った方が良いですね。

龍門司坂の情報

【住所】鹿児島県姶良市加治木町木田5088-1

【電話番号】0995-66-3111(姶良市商工観光課)

【駐車場】あり

【トイレ】あり

まとめ

龍門司坂はもちろん、すぐそばに龍門滝や高倉展望台などの素晴らしいスポットがある場所です。

とても情緒溢れる場所で郷愁的、ノスタルジックな場所でした。

姶良市、霧島市には「西郷どん」のロケ地の精矛神社や掛橋坂、狐ヶ丘高原などがあって、霧島神宮や霧島温泉郷もあります。

見所が多い場所なので、訪れた際は近くの名所にも立ち寄ってみてくださいね。

スポンサーリンク