【牛ノ浜駅】『おれんじ鉄道』が走る目の前が景勝地で超絶景の駅
スポンサーリンク

おやっとさぁ!

ドスサントスです。

鹿児島県阿久根市の牛ノ浜駅に行ってきました。目の前が景勝地になっていて、海有村架純が主演の映画「かぞくいろ」のロケ地にもなりました。

夕暮れの"絵"がめちゃくちゃ綺麗!

この場所は、映画「かぞくいろ」の中で有村架純(奥薗晶)と歸山竜成/奥薗駿也)が國村隼(奥薗節夫)の家に初めて向かう時のシーンで使われています。

メインのロケ地である「薩摩大川駅」の次の駅で、薩摩大川駅から3kmほど進んだ所です。それから、かぞくいろの主題歌「カラー」を歌っている斉藤和義のMVにも登場してるっぽいです。(おそらくここのはず)

ここは薩摩大川駅と並んで、実家から結構近くてですね、よく海沿いをドライブしてたんですよ。(おれんじ鉄道に乗れよ)

すぐ目の前が景勝地ということで、まぁ〜とにかく景色が綺麗。まさに絶景スポットです。

映画の聖地巡礼場所としても有名になって多くの人が来てくれれば嬉しいですね。

スポンサーリンク

牛ノ浜景勝地の絶景


実際に行って、バッチリ写真に納めてきました。

この写真を撮るのに、晴れた日を狙って夕方の4時くらいからスタンバイして夕暮れになっていく様を撮影していました。

この素晴らしい景色ですよ。太陽がもはや元気玉みたいになっていますが。笑 岩の上に立っている鳥居もまた風情がありますよね。

東シナ海を望みながら、甑島もうっすら見えていてかなり良い感じです。

この辺の国道3号線沿いは、この写真の様に所々岩が飛び出していて、「人形岩」なんかもあったりします。

日が暮れていく様を撮っていました。周りに人もいなくて思う存分、写真を撮りながら黄昏ていました。

▲ 近くの漁港

▲ すぐ後ろの堤防

▲ 海辺に降りていく階段

牛ノ浜駅の基本情報・行き方

【住所】〒899-1741 鹿児島県阿久根市大川
【電車は何分おき?】約1時間に1本です。乗客が増える時間帯だけ1時間2本になります。
【駐車場】あり(数台)
【トイレ】あり

牛ノ浜駅へは、肥薩おれんじ鉄道に乗って、川内駅からは約30分。車では、薩摩川内市からは30〜40分、鹿児島市からは約1時間半といった所でしょうか。

●大まかな位置関係(パンフレットより)

●鹿児島市から牛ノ浜駅

●薩摩川内市から牛ノ浜駅

海沿いを行けば到着するので行きやすい場所です。到着するまでの海沿いの景色も綺麗ですし、ロケ地巡りをするのであれば一つ手前の駅の「薩摩大川駅」にも寄ってから来るのがおすすめ。

「薩摩大川駅」のすぐ側には、道の駅「阿久根」がありますので是非お立ち寄りください。

牛ノ浜駅の感想

※2回訪れて、晴れた日と曇りの日の写真が入り混じってます。

実際に牛ノ浜駅に行って参りましたよ。

最初に行った時が曇りだったので、もう一回別の日に、晴れた日の写真も撮りたくて行ったというミーハーぶり。笑

やはり西郷どんの影響は計り知れません。何を紹介するにしても西郷隆盛がもれなく付いてくる!笑

まずは駐車場からの景色。

非常に海に近くて絶景が広がっています。最高のロケーションです。

▲ 阿久根浜唄の石碑

この建物がトイレになっています。

かぞくいろのロケ地となったことで旗が立っていました。

▲ 阿久根方面の眺め

駅の待合室にはかぞくいろの看板が。やはり気合が入っています。

晴れた日に行った時に、おれんじ食堂の列車が止まっていました。なんかラッキーでしたね。

これは跨線橋の上からから見た海です。

この跨線橋の上で撮影していると思われるのが斉藤和義の「カラー」のMVです。最初は「折口駅」が出てきますが、後半に出てきます。

 YouTubeより引用

跨線橋を渡った時におれんじ鉄道の列車が来たのでパシャり。くまモンの絵柄でした。

そしてロケ地となった場所へ。本当にすぐ近くでしたね。

映画の中では、夕暮れ時が綺麗に映えていましたよね。良いシーンでした。

駅の中にはみかんが実っていました。阿久根市ではボンタン、紅甘夏、大将季などの柑橘類が有名で、盛んに生産されています。


3号線沿いには、みかんやボンタンが売っている青果店がいくつかあって、こりゃあ食べた方がいいかも...と思わされるような絶妙な感覚で目に入って来ます。笑

まとめ

景勝地があり、かぞくいろのロケ地にもなった牛ノ浜駅に行ってきました。

  • とにかく景勝地の景色が絶景。
  • 牛ノ浜駅はこじんまりとした駅ですが、風情があって海も見える絶景の駅。
  • かぞくいろ、斉藤和義のMVに使われている。

という素晴らしい駅です。

こちらの方面に来ることがありましたら、是非とも立ち寄ってみてください!

スポンサーリンク