スポンサーリンク

台湾一人旅で訪れた「千と千尋の神隠し」の雰囲気を味わえる場所として有名な「九份」の行き方・感想です。

「十分→猴硐→九份」の平渓線三銃士のトリになります。

もはや台湾旅行の目玉と言っても過言ではない場所で、ジブリファンの僕は行かないわけにはいきません。

実のところ、ここがジブリのモデルになったという話は否定されているので、雰囲気が似ているというだけでモデルとなった場所ではありません。

でもここまで「千と千尋の神隠しのモデル」で売り出しまくっているので今更「訂正!」なんてしないでしょう。笑

それからここは「非情城市」という映画の舞台になっていて、九份内にもいくつか看板を見かけました。

僕はここに行く前に、台湾人の友達に九份に行く事を伝えたら、

「あ〜、あそこね。とにかく人が多くてほとんど日本人だよ。自分たちは、まぁ、行かないかな。笑」

と言ってました。

「日本人はみんな行きたがるよね。しょうがないなぁ。」というニュアンスを含んだ「笑」も込みで。多分、日本人に台湾ではどこ行くの?って聞くと必ずここが一番に挙がるのでしょう。笑

確かに実際に行ってみると、

人が多い。死ぬほど日本人が多い。

です。

でもこの町の古き良き街並みとノスタルジックな雰囲気、赤提灯が照らす九份はまさに「千と千尋の神隠し」でしたね。

一度は行ってみるべき場所かと思います。

スポンサーリンク

九份への行き方

九份へ行くにはまず瑞芳駅まで行きます。台北からは台北鉄道(TRA)に乗ります。(MRTとは別)

着いたらバス、タクシー、神隠し(!?)のいずれかの方法で行きます。

駅を出るとバス乗り場やタクシーの案内はしっかりあるので、それに従えばOK。

僕は神隠しで行こうと思ったんですけどねぇ、上手くいきませんでした。(アホか)

行きはタクシーで行って、帰りは台北行きのバスが来たので、それに乗りました。ちなみに行き帰りの混雑はゼロでした。

タクシーはめちゃくちゃ快適でした。料金も205元と決められていて安心明瞭会計。

九份に着くと、運転手のおっちゃんが「セブンイレブンの隣が入り口だよ」と教えてくれました。

いや、もうホントにセブンイレブンはどこにでもある。笑

いざ九份(老街)の中へ

入り口から入って、九份のメインの通りに入っていきます。

めちゃくちゃ人が多い。そして日本人ばかり。笑

お店は結構色々なバリエーションがあって、食べ物からお土産、洋服など様々です。

雰囲気はまさに台湾の夜市ですね。

ここが有名な「阿妹茶樓」の写真を撮るための場所です。

確かにジブリっぽい!!

まだ明るい内はこんな感じです。

暗くなり始めくらいからが本領発揮なので、それまでに腹ごしらえをします。

腹ごしらえを終えたら、暗くなり始めの九份を再び回ります。

ボチボチとお店が夜7時頃をさかいに閉まっていってしまいます。これは盲点でした。店やっといてくれよぉ。こんなに人いるのに。笑

まあでも立地的なことも含めて色々あるのでしょう。あと片付けとか。こんな狭い道に車が入ってきて片付けをガシガシしてるくらいだからね。

最初車が迫ってきた時は、オイィィィーー!!バカヤロォオーー!!ってなったけども。

まだ開いてる小籠包のお店を見つけて入りました。

結構美味しかったです。もちっとした食感の小籠包でした。後日、鼎泰豊で小籠包を食べた時は美味すぎてここの味が吹っ飛びました。ごめん小師父。でも九份で食べたという思い出はしかとこの胸に。

いい感じに暗くなって、写真を撮りまくります。

提灯が映えますねぇ。一番印象的だったのはこの提灯だったかもしれません。

帰る頃にはほとんどの店が閉まっています。7時半頃だったと思います。

定番の写真スポットはどこ?

定番の写真スポットは、最初のセブンイレブン横の入り口から入ってしばらく歩いて、十字路を右に曲がると現れます。

どちらも同じ路地にあるので分かりやすいですし、たくさんの人が写真を取っているのですぐに分かります。

カオナシおじさんに遭遇

この人は名物おじさんなのか?わからないですが、千と千尋のカオナシの人形を持って九份を歩いてました。

時にはこの様にカオナシを置いて写真を撮らせてくれたり、時にはその人形を持って背後から忍び寄ってビックリさせたりしていました。笑

ホントに気まぐれな感じで、人形込みの風景をみんながバリバリ写真撮ってる時でも容赦無く人形回収して去っていきますからね。笑

こんなところでヘルメット被ってカオナシ人形持ってうろちょろしてるって、かなり面白くてヤベェ奴い人を見れたのかなと思います。

今度は自分が湯バーバの着ぐるみを着ていって湯バーバおじさんやろうかな。(やめろ)

まとめ

とにかく人が多い。

貸切にしてゆっくり見てみたいなぁなんて思いました。笑 おそらく朝に行けば貸切の状態で見れるかもしれません。

それでも、やはり雰囲気はあるので、気になっているなら一度は訪れるべきかと思います。

スポンサーリンク