【台湾|十分】天燈(ランタン)とギリギリ電車、十分瀑布と見所満載な名所です【行き方・感想】
スポンサーリンク

台湾一人旅で訪れた、天燈(ランタン)上げやギリギリを通る電車などが有名な「十分」の行き方と感想です。

見所満載の名所です!

十分猴硐→九份」の平渓線三銃士の最初になります。

線路の両脇にお店が構えていて、その線路の上を人が行き来して埋め尽くしており、そこから天燈がバンバン上がり、電車が来たら避けるという中々に忙しなく、そして日本では見られない光景が広がっている場所になっています。

そんな忙しない場所ですが、自然に囲まれた場所にあって、少し歩くとマイナスイオンたっぷりの「十分瀑布」という滝もあり、ここも観光地として人気の場所です。

今後、色々と安全上の問題とか出てくると見られなくなる光景かと思いますので、今のうちに訪れておきましょう!

スポンサーリンク

十分の基本情報・行き方

基本情報

十分とは?
台北からは北東にある平渓線沿いの田舎町。昔は石炭で有名な町でした。天燈(ランタン)上げ、商店街ギリギリを通る電車、十分瀑布が有名な場所です。台湾では有名なランタン上げの中でもここはその聖地になっています。ここは平渓線の列車がすれ違う場所で、列車が通らない間は線路の約300m内は立ち入ることが出来るようになっています。列車が来ると両脇の商店街ギリギリを通るので、それもまた名物となっています。ここから少し歩いた所に台湾のナイアガラと言われる「十分瀑布」があります。滝に行くまでの道は自然の中の遊歩道で、滝周辺にはお店もあります。

【住所】
【営業時間】およそ9時〜20時くらいまで(店によって異なる)
【休日】なし
【料金】入場料などはなし

行き方

台北から十分までの行き方です。

まず、台北からは台北鉄道(TRA)で瑞芳駅まで行く次に、瑞芳駅で平渓線に乗り換えて十分駅まで行く。という二つの手順を踏みます。

瑞芳駅に行くまでに関しては「九份への行き方」でも同じ解説をしていますが、台北駅から瑞芳駅に行く際に注意する事として「乗る電車の種類」です。

まず、「基隆」行きに乗ってしまうと「瑞芳駅」には停まりません。途中で乗り換えが必要になります。

そして乗る「車種」に関して。

  • 一番分かりやすくて確実なのは「区間車」に乗る事。
  • 「区間快」、「自強號」、「莒光號」は指定席が埋まり次第、立ち乗りになります。ICカードも使えますが基本立ち乗り。
  • 「普悠瑪」は指定席のみで立ち乗りができません。ICカードも不可。

瑞芳駅に着いたら平渓線に乗りますが、平渓線は1時間に1本なので注意してください!

写真で解説

▲ 台北駅で瑞芳駅まで行く台北鉄道(TRA)に乗ります。MRTとは別になるので注意。

▲ 4番プラットフォームへ降りていきます。

▲ 降りてきたら掲示板がありますので、ここで行き先と車種を確認します。

▲ 平渓線のプラットフォームへの案内看板があるので従います。

▲ 平渓線のプラットフォームです。電車は1時間に1本なので注意!

十分の感想

十分に行く前に腹ごしらえ

天燈(ランタン)とギリギリを走る電車を見学

分は天燈(ランタン)と両脇の歩道ギリギリを走る電車が有名です。

歩いて十分瀑布も見に行く

十分瀑布は、十分駅から少し歩いた所にあります。ここも有名な観光スポットです。

初のタピオカミルクティー

まとめ

十分ではランタンとギリギリ電車の見学。それと十分瀑布を見に行きました。

ランタンは一人でやるものじゃないなぁなんて思ったので、家族や大切な人とくれば楽しめるかもしれません。

スポンサーリンク