【台湾|台北101】超絶景!台湾のランドマークに登ってみた【行き方・感想】
スポンサーリンク

台湾一人旅の時に訪れた「台北101」の行き方・感想です。

ここは台湾でも超有名な場所で、日本で言う所の「東京スカイツリー」や「東京タワー」みたいな場所ですよね。

ちなみに「台北101」は509.2mなんですが、2007年にブルジュ・ハリファができるまでは世界一高い建造物でしたが、最近は高さのインフレで他の建造物にもどんどん追い抜かれていっています。苦笑

それでも台湾のランドマークとして未だに人気の観光スポットです。

やはり屋外の展望所から見える台湾の景色は超絶景でしたので、チケットの買い方も含めて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

台北101への行き方

行き方は超分かりやすいです。

MRTの淡水信義線「台北101/世界貿易センター駅」で下車すれば到着です。

ちなみに、台北101を含めた景色・夜景を綺麗に見れる場所で有名な「象山」はここからそう遠くない所にあるので、合わせて行くのがおすすめ。

台北101の感想

まず着いたらすぐに目に入ってきたのが有名な「鼎泰豊」!

食べたいなぁって思ってたんですが、死ぬほど並んでたので、後日別な場所で食べました。

やっぱでかいっすねぇ。

建造物としての形はスカツリーより全然好きなんですけどね。笑

中に入ると券売機がありました。

もはや日本語でも説明がされているので分かりやすい。

枚数を選んで1枚600台湾ドル。

クレジットカードを指定の機械に突っ込めば完了でした。

チケットを買い終わったらエレベーターがある5Fに行きます。

窓口もあります。

混んでるかなぁ〜と思いましたが、そうでもありませんでした。

エレベーターに乗ったらあっという間に展望所まで着きます。めちゃくちゃ速い!

展望所内はこんな感じです。

屋外の展望台へ。

とにかくまあ絶景です。ただ、写真を撮るときは柵から手とスマホを出して撮影しています。風が結構あるので飛ばされないように気をつけてください。笑

暗くなっていく様はやはり綺麗ですよね。

屋内には台北101が建築されるまでの映画が上映されていました。

並んではいますが帰りもそこまで待たずに帰る事ができました。

ラッキーだったのかも。

レストランも充実していて、ショッピングもがっつりできるので一日中いれるかもしれませんね。

夜の台北101。この後に「象山」に行きました。

スポンサーリンク