Amazonで買える海外用SIMカード『SIM2FLY』がおすすめ!香港・台湾で実際に使ってみた。【買い方・設定方法】
スポンサーリンク

香港・台湾と続けて1週間ほど一人旅をした時に使ったSIMカードがAISの「SIM2FLY」です。

実際に使うときは、マジで使えるのかなぁ?なんてソワソワしていたのですが、無事にしっかり使えたのでそのレポートになります。

スポンサーリンク

「SIM2FLY」のスペック・買い方

SIM2FLYはタイの会社「AIS」が提供しているSIMカードです。

僕が使ったのは「アジア16カ国」のSIMカード。

8日間、4GB。

対応している国は、韓国、香港、台湾、インド、シンガポール、マレーシア、日本、ラオス、マカオ、フィリピン、カンボジア、ミャンマー、スリランカ、 オーストラリア、ネパール、インドネシア、カタール

「タイでは使えない」という話を小耳に挟んだのですが、どうやらタイでも使えるようです。

Nano/Mirco/通常サイズの3サイズがあり、自分のスマホに対応したサイズに切り取ることが出来ます。

買い方ですが、アマゾンで買うことができます。楽天にもあることにはあるのですが、幅広く取り扱っているのがアマゾンです。

僕が買ったのは「アジア16カ国」のSIMカードはこちら。

ヨーロッパでも使えるものもあります。

「SIM2FLY」の設定方法

※SIMフリースマホじゃないと使えません。

まずは自分のスマホのSIMカードのサイズに切り取ります。

SIMをセットしたら「データローミング」をON。

するとほどなくしてこのようなメッセージが届きます。

これは「設定完了しました」くらいの認識でOK。

これで使えるようになります。

そして8日後ぴったりで使えなくなります。

アマゾンで買えて設定も非常に楽なのでオススメです(^ ^)

スポンサーリンク