スポンサーリンク

こんにちは!

ドスサントスです。

今回は、過去に素晴らしいピアノカバーを披露してくれた羽田裕美さんの「ZARDピアノカバー」を紹介したいと思います。

羽田裕美さんは現在、活動していません。が、昔、ZARDのピアノカバーのアルバムを出していて、これは最高だろ!ということで知っていました。しかも美人。

また最近聞いてみるとこれがもう泣けるんですよ。元々のZARDの曲が良いのはもちろん、編曲、ピアノの表現がたまりません。

スポンサーリンク

羽田裕美のプロフィール

【生年月日】1981年10月11日(37歳)

【出身地】兵庫県神戸市

【学歴】大阪音楽大学ピアノ科卒

ZARDからかなりの影響を受けていて、ZARDの追悼コンサートにピアニストとして出演。発売したアルバムは全部ZARDのピアノカバーアルバムです。

カラオケの十八番は「明日を夢見て」。読書家でありながらもマンガも読むそうで、ブリーチあたりも読むというインタビュー記事をみた時は、あぁ、気が合いそうだなと勝手に思いました。笑

そして容姿端麗で美人。写真を見てもらえば分かる通り、美人。(2回言うた笑)

ZARDのピアノカバー

ZARDは名曲の宝庫です。坂井泉水さんの歌詞もメロディーへの乗せ方も秀逸すぎます。

元々の原曲ありきではありますが、羽田裕美さんのピアノカバーも相当に素晴らしいです。編曲をしているのが、かつてのビーングのZARDやDEENやFEALD OF VIEW、小松未歩などの編曲を手がけた池田大介です。

原曲をより分かっているからのアレンジなので、そりゃあもう極上です。全てがバラード調ですが、思わず聞き入ってしまうようなアレンジと演奏でかなり癒されますね。

4枚のピアノカバーアルバムである「ZARD Piano Classics」を出していて、それらの中から選んだ曲を録音し直したベストアルバムを1枚出しています。

4枚のアルバムに付随するピアノの楽譜も出版されています。

僕はZARDの曲で思い出深いのは、やはりアニメの曲です。

ドラゴンボールGTのエンディング曲の「Don't you see」、スラムダンクの「マイフレンド」。この2曲は外せません。この2曲は聞いているとホントに切なくなります。

ベストアルバムで収録されている「マイフレンド」なんかは、アレンジが素晴らしすぎて泣きます。ホンマに。いつかピアノで弾いてみたいと思っています。

ただ楽譜が絶盤になっていて、中古品の値段が爆上がりしているのが痛いですが、絶対手に入れて挑戦します。

●ベストアルバム

●楽譜

スポンサーリンク