スポンサーリンク

 

「音が聞こえてくる」漫画、「ブルージャイアント」がついに映画化!

2023年2月17日公開。

いつか来るはずとは思っていましたが、満を持して映画化されました。しかも最高の演奏者達を伴って。

これ以上ないメンバーでブルージャイアントの音楽を奏でます。

まだこれから情報が解禁されていくと思いますが、今現在で分かっている音楽に関する情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

演奏者一覧

馬場智章/サックス

“その人が生み出す音はその人そのものを表す”と感じながら僕は日頃から音楽に取り組んでおりますが、今回初めて自分自身としてではなく別の人間として音楽制作に取り組みました。大の持つ音は“きっとまだ上手くはないけれど何故か人を惹きつける”、そんな想像をしながら大を自分に宿して、大として演奏をするにつれ、彼の音楽への情熱や貪欲さがどんどん音になって表れるような気がしました。今回大が結成したバンド“JASS”を上原ひろみ、石若駿という最高のメンバーと担当することができ、とても良い音楽に仕上がったと思います。ぜひ劇場の特大スピーカーでJASSの音を全身で浴びてください。

上原ひろみ/ピアノ

初めて「BLUE GIANT」を読んだ時、「音が聴こえてくる」と感じました。
自分の頭の中に鳴っていたその音を、本当に再現できる日が来るなんて・・・。
物語を支える劇伴も担当させていただけて、感無量です。
『BLUE GIANT』には、夢と情熱が詰まっています。
監督も、この映画に携わるスタッフも、原作チームも
夢と情熱で溢れる人たちでいっぱいです。
この漫画の音を鳴らしたい、という自分の夢を乗せられればと。
ありったけの情熱を込めて。

石若駿/ドラム

皆様はじめましてドラマーの石若駿と申します。ジャズを題材としたこの『BLUE GIANT』という作品に携わることができてとても嬉しく思います。ドラムの玉田の音とモーションを担当することになりますが、玉田は音楽経験がないところからドラムをスタートします。初心者のぎこちないドラミングを演ずるのがとにかく難しくもあり、試行錯誤しながら楽しく臨むことができました。玉田のまったくの初心者からだんだん上手になっていく様にも注目いただければと思います。また彼の心情の動きも私なりに音に注入させていただきました。全体の音楽を担当され、雪祈役の、上原ひろみさんと宮本大役の馬場智章さんとのトリオもとても感動的な音に仕上がりました。この映画を観てジャズという音楽の実際のライブにも聴きにいらしていただければ本当に嬉しいですが、まずは『BLUE GIANT』を何度もじっくり楽しんでいただければと思います! お楽しみに!

スポンサーリンク

トリオ「JASS」の音楽と劇伴は上原ひろみの書き下ろし

今回のストーリーはブルージャイアントの初期(おそらく漫画の10巻最後までやるのかも?)、東京編です。

その中で結成されるトリオ「JASS」と劇伴は上原ひろみさんの書き下ろしです。

以前にこの漫画にコメントを寄せているのを見たことがあって、漫画の帯にも登場していましたね。

そういう意味でも今回の抜擢は最高でした。

そして今までに、アンソニー・ジャクソン、サイモン・フィリップスとの「THE TRIO PROJECT」やピアノ・ソロアルバムなどでもコンポーザーとしての能力を遺憾無く発揮してきました。

オーセンティックなスタイルだけに捉われない、フュージョンのようなジャズも奏でて、アグレッシブなプレイが魅力的です。

作中のこれから巣立っていく、エネルギッシュな若者達の勢いとは相性抜群なのかなと。

とにかく最高な音楽が聴けるのは間違いないのかなと思っています。

奇遇なのかサックスの馬場智章とドラムの石若駿は同級生。沢辺雪祈は玉田、大と同級生ながらも経験値もあってどこかベテランの風格も漂っていて、コンポーザーとしても活躍するので、その意味でのピアノ・上原ひろみという3人の関係性も物語とリンクするところがあるように思います。

苦労するのは、まだ主人公達が若く荒削りなところを表現することだとは思いますが、それを含めて3人の化学反応が非常に楽しみです。

スポンサーリンク

おわりに

今回の物語は「初心に帰る」という意味でも見応えがある気がしてます。

この物語の最初の部分だからこそ感じられるエネルギーや苦悩、そして音楽の楽しさ。(特に玉田の活躍は熱くなりますね)

それらを表現する最高の演奏者メンバーで上原ひろみさんが書き下ろした劇中の曲達が聴けるのが楽しみで仕方ありません。

スポンサーリンク