【ワイルドスピード】ポール・ウォーカーに捧げる曲『See You Again』がめちゃくちゃ泣ける
スポンサーリンク

2015年に公開された「ワイルドスピード SKY MISSION(スカイミッション)」の主題歌「See You Again」がめちゃくちゃ泣ける。。。

という事でワイルドスピードの超有名な曲「See You Again」の紹介です。

この曲はYouTubeのMV史上で2番目に多く再生されている曲ですが、なぜこんなにも聴かれているのでしょうか?

その理由は、ワイルドスピードシリーズに出演していたヴィン・ディーゼルの相方のポール・ウォーカーが亡くなり、その死に対して捧げた曲だからです。

僕はワイルドスピードシリーズを見始めたのは結構最近で、見始めたら面白くて止まらなくなって一気に見てしまいました。

7作目のSKY MISSIONを見ていて、エンディングでめっちゃ良い曲流れてるやん!と思いながら、最後のシーンを見ていたんです。

何も事情を知らないまま見ていたので、最後のシーンは...どういうことだ?って思って調べたんですよ。

そこで「ポールウォーカーが亡くなった」という事実を知りました。

見始めて間もない僕ですら喪失感を覚えたのですから、往年のファンの気持ちを思うと...言葉になりません。

その死に対して捧げられたのが「See You Again」なんですが、本当に良い曲、神曲です。

故人に対して歌っているだけあって切ないながらも、「また会おう」という歌詞とラップ調の曲が少し前を向かしてくれるような、そんな歌です。

スポンサーリンク

ワイルドスピード SKY MISSIONの主題歌「See You Again」

See You Againの歌・作詞・作曲は誰?

歌:Wiz Khalifa(ウィズカリファ)、Charlie Puth(チャーリープース)

作詞・作曲:Justin Franks、 Charlie Puth、Cameron Thomaz(ウィズカリファの本名)

チャリープースは自分自身も友人を事故で亡くしていて、その時の気持ちを乗せて作ったそうです。

この曲を作った時は若干23歳で、ウィズカリファという大物(ウィズカリファも若いけど)ともコラボして一気に知名度を獲得しました。

最初、この曲は自分で歌うつもりはなかったみたいで、サムスミスに歌ってもらうつもりだったらしいです。でも、その話が無くなって自分で歌うことに。

ぶっちゃけ、MV無しで曲だけを聞いたら、サムスミスが歌ってるんじゃないの?って思うくらい似てます。僕も最初はサムスミスだと思いました。

良い声持ってます。

See You Againの歌詞

It's been a long day without you, my friend
And I'll tell you all about it when I see you again
We've come a long way from where we began
Oh, I'll tell you all about it when I see you again
When I see you again

Dang, who knew?
All the planes we flew
Good things we've been through
That I'll be standing right here talking to you
'Bout another path
I know we loved to hit the road and laugh
But something told me that it wouldn't last
Had to switch up
Look at things different, see the bigger picture
Those were the days
Hard work forever pays
Now I see you in a better place (see you in a better place)

Uh
How can we not talk about family when family's all that we got?
Everything I went through you were standing there by my side
And now you gon' be with me for the last ride

It's been a long day without you, my friend
And I'll tell you all about it when I see you again
We've come a long way from where we began
Oh, I'll tell you all about it when I see you again
When I see you again

(Aah oh, aah oh Wooooh-oh-oh-oh-oh-oh) Yeah

First you both go out your way
And the vibe is feeling strong
And what's small turn to a friendship
A friendship turn to a bond
And that bond will never be broken
The love will never get lost
And when brotherhood come first
Then the line will never be crossed
Established it on our own
When that line had to be drawn
And that line is what we reach
So remember me when I'm gone

How can we not talk about family when family's all that we got?
Everything I went through you were standing there by my side
And now you gon' be with me for the last ride

So let the light guide your way, yeah
Hold every memory as you go
And every road you take, will always lead you home, home

It's been a long day without you, my friend
And I'll tell you all about it when I see you again
We've come a long way from where we began
Oh, I'll tell you all about it when I see you again
When I see you again

Aah oh, aah oh
Wooooh-oh-oh-oh-oh-oh
Yeah

When I see you again
See you again
When I see you again

Aah oh, aah oh
Wooooh-oh-oh-oh-oh-oh
Yeah
When I see you again

歌詞の内容としては、

俺たちはいつも一緒だったよな。

また今度あった時に色々語ろうぜ。

という、非常に男臭くてかっこいい歌になってます。

First you both go out your way
And the vibe is feeling strong
And what's small turn to a friendship
A friendship turn to a bond
And that bond will never be broken
The love will never get lost

この辺の歌詞はウィズカリファが歌っていますが、絆が深まる過程をシンプルに、でもシンプルながらもストレートに響いてくる歌詞で好きですね。

それからやはりチャーリープースの歌うところはなんとも泣きのメロディーで切なくなります。

See You AgainのMV

YouTubeより引用

このMVはYouTubeの2番目に多く再生されている曲です。

みんなポールに対して思いを馳せていると思いますし、歌詞・曲も素晴らしく、そして何より映画の最後にこの曲と共にポールとの別れの動画を入れてくる演出に感動します。

行く先は分かれ道だけど、泣いて終わるのではなくて笑顔で、そして車に乗って別れて行くのがまた感動的です。

これだけたくさんの人に聞かれているということは、どれだけポール・ウォーカーが愛されていたか分かりますね。

あの世でもドライブを楽しんでいることを願います。

ポール・ウォーカーが亡くなる

YouTubeより引用

ポール・ウォーカーが事故死

2013年11月30日、チャリティーイベントに出席していて、帰りは友人のロジャー・ローダスが運転する車の助手席に乗っていたのですが、交通事故に遭い亡くなりました。ロジャーはレースドライバーで、事故をした時の車のスピードは約160km出ていたそう。運転が上手いが故に油断していたのかもしれません。40歳の若さで亡くなりました。

この時、「ワイルドスピード SKY MISSION」の撮影途中でしたが主要なシーンは撮り終わっていました。その他の細かいシーンなどはポールの弟達が代役をして、顔をCGで合成して完成させたみたいです。

ヴィン・ディーゼルとの絆

この投稿をInstagramで見る

 

Always...

Vin Dieselさん(@vindiesel)がシェアした投稿 -

作中でドミニク・トレット(ヴィン・ディーゼル)とブライアン・オコナー(ポール・ウォーカー)は無二の相棒でした。

しかも、この二人はワイルドスピードの映画の中だけではなく、プライベートでも親友の間柄でした。

  • 事故が起きた時にはすぐに事故現場に駆けつけ、ファンに声をかけ、ポールの母親を訪れて泣き崩れた。
  • ヴィンの母親の話し相手や娘の相手など、まさに家族ぐるみの付き合いをしていた。
  • ヴィンの娘の名前をポールにちなんで、「ポーラー」と名付けた。

など、深いつながりがあったみたいです。

ヴィン・ディーゼル今でも度々、インスタグラムでポールに対する投稿をしています。

共演者との絆

●Ludacris(リュダクリス)

Gone but never forgotten. #love

@ ludacrisがシェアした投稿 -


●Tyrese Gibson(タイリース・ギブソン)


●Jorsana Brewster(ジョーダナ・ブリュースター)

●Michelle Rodriguez(ミシェル・ロドリゲス)

個人的な思い入れ

留学先で改めて好きになった曲

この曲は知ってからめちゃくちゃ沢山聞いていたんですが、フィリピンに短期留学した時にさらに好きになりました。

やはりワールドワイドな曲なだけあって、周りの人も知っているんですよ。外で数人とお酒を飲んでいた時に、ある友人がスマホとWi-Fiで繋がっているスピーカーから「See You Again」を流したんです。

あぁみんなこの曲知ってるんやなぁ...しかも短期留学という出会いと別れが頻繁にある場でこの曲を聞くとなんか...響くなぁ。

なんて思いなが聞いてましたね。

それから数回、そういうシチュエーションがあって、その度に、周りのみんなと仲良くなるほど、この曲は僕の中に染み込んできました。

1ヶ月でしたけど、みんな異国の地からやってきて、この地で出会って、同じ所で生活して、同じ学校に行って...なんか凄く"仲間"や''同士"という意識が芽生えたんですよね。

その後は別れも来るわけで。そりゃあこの曲の「故人に対する」という思いとは違いますが、次、いつまた会えるか分からない友人に対する思いという意味でも非常に思いが入る曲です。

今でも聞くたびに感傷に浸ってしまいます。

それから余談ですが、海外の人はこの映画の事を「Fast & Furious」って言うんですよね。まあ「ワイルドスピード」は邦題だから当然だよなぁなんて思って再確認した次第でした。笑

ピアノで弾いてみたい曲の一つ

僕はピアノが好きで、大人からですがピアノを始めて習いにも行っています。

この曲は冒頭から綺麗なピアノの旋律が印象的でまさに"ピアノ映え"する曲ですよね。いつか挑戦してみたくて温めている曲の一つです。

YouTubeより引用

まとめ

ワルドスピード SKY MISSIONの「See You Again」の紹介でした。

  • この曲はチャーリー・プースとウィズ・カリファの神曲。
  • この歌には亡きポール・ウォーカーに対する共演者やファンの思いが詰まっている。
  • 別れが伴う出来事にはめちゃくちゃ沁みる曲。

という事が分かりましたね。

ウィズ・カリファとチャーリー・プースが素晴らしい曲を作ったのは確かなのかもしれないけど、何よりポール・ウォーカーがたくさんの人に愛されていたという事ですね。

ポールも共にワイルドスピードの最後に出演して欲しかったですが...残念でなりません。

R.I.P  POUL

 

スポンサーリンク