【大人からのピアノ】人前で演奏する発表会やピティナ・ステップで得られたもの
スポンサーリンク

大人からピアノを始めて、今までに発表会や全国で行われているピティナのステップに複数回参加してみました。その人前での演奏で個人的に得られたと思うことを書いてみたいと思います。

大人から始めて、人前で演奏とかじゃなくて個人的に満足できればいいかなと思う人もいるでしょうし、あるいはちょっと挑戦してみたいと思うけど怖いなぁなんて思っている人もいると思います。

そんな方に向けて人前での演奏は緊張するけど、怖いけど、得るものがかなり大きいぞ〜と伝えたく書いてみました。

僕はその緊張とその後の達成感がクセになって定期的に人前の演奏に参加するようになりました。笑

一歩踏み出してみると違った景色が待ってますよ。

スポンサーリンク

緊張に向き合えるようになった

何よりも「緊張する」は一番気になる所だと思います。

僕ももれなく緊張します。ドキドキするし、手もちょっと震えるしで普通に緊張します。不安で、なんで申し込んでしまったのか...なんてさえ思ったりします。笑

でも緊張は...抑えなくても良い気がします。考え方ひとつで緊張しなくなる、ということは無いのかなと。笑

何回か人前の演奏をしていく内に、「緊張しているときは結構集中してるな」と思うようになりました。

それから「ミスを想定して練習しておくと気が楽」というのもあります。もちろん間違わなければ一番ですが、いつもの自分の7〜8割くらいになると思いますのでミスは付き物。

ミスした時に慌てない。想定の範囲内。逆にミスして気が楽になるくらいに思う。暗譜で途中のフレーズが飛んだ時のために、何箇所か途中から始められる場所を作っておく。練習でも間違う場所は、これだけはしっかりやろうと、全部を完璧にしようとしない。

僕は練習でも結構間違う場所がある曲があって、それを演奏した時に思ったのは「この部分は聞かせどころで、あまり早く無い部分だからしっかり弾こう。でもいつも間違ってしまう場所は速いし、間違っても流れは止めないように大胆に弾こう」ということ。

ちょっと上手くいかない部分があって本番を迎える場合も、できる部分は最大限に頑張って、ミスする可能性が高いところは諦める部分もあってもいいのかなと。

それに通ずるのが、あまり「良い演奏をしよう!!」と思わないことかなと思います。今の等身大の自分でできる演奏をすればいいと思えば楽になります。

これらの事を考えて臨んでも、僕は毎回同じくらいの緊張はします。ただ、その緊張の中にも冷静な自分がいる割合が増えてくるという感覚ですかね。

プロのピアニストでもフレーズが飛んでしまったりループしたりするんですから、緊張やミスは当たり前です。

ちなみに僕がしたことあるミスは、暗譜が飛んだということはまだ無いのですが、一番左のペダルのシフトペダルを初めて使った時に、効いてるのかが分からなくて「え?」となって演奏を止めて弾き直したり、これから!っていうフレーズに入る時に1音ずらして弾いてしまって台無しになったり、1箇所間違って音を飛ばした箇所を、その場イップスみたいな感じで次の繰り返しの時に全く同じように音を飛ばしてしまったりとか、細かいのを挙げればキリがありませんが、間違えまくってます。

挑戦していることがすでに成功だと思えるようになった

やはり挑戦する前は、良い演奏をしたいとかミスしたらどうしようとか、下手だと思われないかとか気にしてしまいますが、舞台に立った時点でその挑戦はもう成功しているんですよね。

だから別に自分が凄いとかでは全く無いんですが、他の周りの人たちが同じように挑戦しているのを見て、何より自分より全然年齢も上の方達がそれなりに難しい曲に挑戦していたりするのを見ると、尊敬しかありません。

上手に演奏できたかとかは二の次かなと。

緊張の話でもありますが、やっぱり緊張、恐怖、不安はあるわけですよ。それでも舞台に立って挑戦するという気持ちがかっこいいわけです。上手い下手じゃなくて、舞台に立って演奏している。かっこいいです。

モチベーションがより上がった

僕も一人で演奏して満足している時もありましたし、それでいいかなとも思っていましたし、そういう人も多くいらっしゃるかなと思います。

人に聞いてもらうことになると、評価というか、何かしらの反応が返って来てしまうので、良い反応ならいいですが、ネガティブな反応なんかは嫌になってしまいますからね。

それでもやっぱり、緊張の末に挑戦して、弾き終わった後に「よかったよ!」とか「また出て欲しい」なんて言ってもらえたら、自分一人でやっていたら得られないモチベーションを得ることができます。

人に聞いてもらうことで、自分は人に影響を与えられるんだと思うと、なんだか...めちゃくちゃ頑張りたいと思うんですよね。

もし、もし仮にそういう場で(コンクールとかお金を取ってコンサートをするなどはちょっと別な話になるかと)心無い言葉をかけてくる人がいたら、その人は人間じゃありません。笑

単純に上手くなる

人前での演奏をするとなると、やはり練習します、そして、いつも以上に曲の表現なんかも詰めていきます。

なので普通に上手くなります。笑

こういう意味でも定期的に人前での演奏を組み込んでおくと、モチベーション、そして技術も高まります。

習っている先生の要求も高くなるので、それに応えるために頑張りますし、人前で弾くんだからこれじゃいかん!と自発的にも思うようになります。

人前で弾くことは良いことだらけで、ピアノを続けるなら定期的にやりたいところですが、最初の1歩がどうしても重いかと思います。

これなら弾ける!(そんなに難しくない)という曲を1曲準備して、1回出てしまえば楽しくなる...はずです!!

スポンサーリンク