スポンサーリンク

「我慢が大事」

この言葉は色々なところで使われいていますね。

仕事、人生と「我慢」は大事です。

が、何んでもかんでも我慢すればいいってことではないはずです。

スポンサーリンク

「我慢」はその先にあるものが大事

例えば仕事。

「我慢が大事」と言われる代表的なものだと思いますが、

その我慢の先に何がある?というのが一番大事じゃないかなと。

今やってる仕事が自分の好きなもの、興味のあるもので、続けた先には自分の望む能力や境遇が待っているのなら、そのための「我慢」はしっかり経験しておくべき我慢です。

しかし、好きでもない仕事、会社なんて何も目標もなく過ごしていると、無駄に責任だけ重くなっていき、自分の好きな事も出来なくなり、家族との時間もなくなり、自分が消耗していくだけなんじゃないかなと思うのです。

ただ我慢してても、たとえ今の境遇を抜けたとしても、さらなる我慢が待っているだけです。

ただの我慢になってしまうと、心を壊したり、最悪の場合、、、となってしまいます。

生きたい方向性を考える

仕事は完全に好きな仕事をするというのは、中々難しいと思います。

そこで、自分が生きたい生き方を見つけて、その方向に進んでいくのが一番かなと。

そういう基準で仕事も選んでいけば、自ずと給料などに振り回されることがなくなっていくんじゃないかなと思います。

僕なんかは、今、フリーで仕事が出来たらなと思っています。

もちろん、会社で勤めるってことが普通にできればそれがいいのかなと思います。

でもそれが出来ない。

今までにしてきた仕事では、何回か病んでバックレみたいな事もしてますし、いわゆる社会不適合者ってやつです。

僕がしんどいのを我慢してこのまま会社で働き続けても、いいことはないだろうと、今までの経験で思い知っています。

僕自身やりたい事もありますし、フリーで仕事できるように頑張っていくつもりです。

まとめ

あなたの今我慢してるものは、その先に何かありますか?

そこを考えて、ただの我慢になっているのなら、方向を考えてみてはどうでしょうか?

生き方は一つではありません。

なので「ただの我慢」より、自分にとって前向きで必要な「我慢」をできる場所にいきたいものです。

スポンサーリンク