【Mステ】高橋優の真顔事件!けもフレファンとの『わだかまり?』は竹原ピストルが終止符を撃った?
スポンサーリンク

2017年4月14日のMステで「高橋優の真顔事件?」が起きました。

と言っても見てる側と高橋優本人の気持ちの行き違いで生まれた「大いなる誤解」です。笑

この日はクレヨンしんちゃんの主題歌を歌っている高橋優の他に、コナンの主題歌を14年ぶりに歌う倉木麻衣だったり、話題の「けものフレンズ」の主題歌を歌っているどうぶつビスケッツだったり、竹原ピストルだったりが出演していました。

その内の高橋優、どうぶつビスケット、竹原ピストルの3組が真顔事件に関わってくるのですが、その話を紹介します。

この日の放送は、「どうぶつビスケッツがタモリさんからイグアナのフレンズをちゃんと期待通りに引き出してくれるかどうか」がメインディッシュだったのに思わぬことが話題になってしまいましたw

スポンサーリンク

高橋優の真顔事件

これはですね、けものフレンズ代表のどうぶつビスケッツ×PPPの出番の時に起きました。

どうぶつビスケッツがタモリさんと話している時に、高橋優の表情がにこやかな表情から一変、鬼のような速さで真顔になりました。

けもフレファンは、「今回はもしかしたら受け入れられなくて、冷めた空気になるかも...うーむ、どうだろう」とちょっと世間や他のアーティストに対して敏感になっていた部分もあったかもしれません。

それで、実際に蓋を開けてみると「どうぶつビスケッツが喋っている時は真顔になる」という予想を上回る展開で、バカにしてんのか?という感じになったわけです。苦笑

でも高橋優が真顔になった理由は、

声優の技術に感心して驚いていたから

大いなる誤解でした。笑

その一方で、竹原ピストルは高橋優とは対照的にめちゃくちゃ笑顔で話を聞いていたんですよ。

それがまた好評でして。「竹原ピストルさんは男気のあるフレンズなんだね」というタグがツイッターで発生したくらいです。笑

この竹原ピストルの憎めない笑顔のおかげで、この一連の事件(ただの勘違い)では、けもフレファンも剣を鞘に収めて終止符を撃たれた(打たれた)。

と自分では上手いこと言ったなぁなんて思いながらも大いに滑ってますよねぇ。ピストルと撃つをかけてみたんですけどねぇ。何やってんだか。苦笑

高橋優、竹原ピストル、どうぶつビスケッツ、結局みんな仲良し

すげぇ仲良し。まあ事件も何も本人たちの間では何も起こってないですからね。笑

竹原ピストルは終始笑顔で、ほんと、活躍を喜んでる近所のおじさんみたいな感じでした。変な形で好感度爆上げしたという。笑

収録後も、一緒に写真を撮って「高橋優さんはけもフレの話を聞くと真顔になるフレンズ」(コラッ掘り返すなw)と「竹原ピストルさんは男気のあるフレンズ」になってました。

そんなこんなありましたけど、高橋優のクレヨンしんちゃんの主題歌「ロードームービー」はめっちゃ良い曲だったし、

竹原ピストルはもうなんか色々かっこよかったし、歌った「Forever Young」は感動したし、

どうぶつビスケッツは可愛かったし、場違い感とか全然感じなかったぞ!

作曲者の大石昌良のジャパリパークも抜群に良いので紹介しておきます。

もう円満でしかない。笑

まとめ

とりあえず今回の事件は、

  • 大いなる勘違いだった
  • 竹原ピストルは好感度が爆上げだった
  • 3組とも素晴らしいアーティストだった

ということです。

勘違いから始まりましたが、なんだか面白い現象になってしまいましたね。笑

そんな事もありましたが、3組とも曲がタイアップに使用されている素晴らしいアーティストばかり。

みんな大好きだ!!

スポンサーリンク