スポンサーリンク

どうも、MIKIKO先生にダンス習いてぇと思うも、最近、お腹周りの肉に悩み始めてるドスサントスです。

ついに4月23日(日)の情熱大陸で演出振付家のMIKIKO先生が登場します!

ここ最近のMIKIKO先生の活躍は凄まじいですよね。

リオ五輪閉会式に恋ダンス。

そんなMIKIKO先生に迫っていきましょう!

先生を付けた呼び方がしっくりきすぎてしょうがない。笑

スポンサーリンク

演出振付家 MIKIKOのプロフィール


本名:水野幹子

生年月日:1977年8月11日 39歳

出身地:広島県

事務所:アミューズ

・ダンスは高校の時に始める

・アクターズスクール広島でダンスの講師をしていて、その時の教え子にPerfumeがいる

・MAXのバックダンサーを務める

・Perfumeがブレイクしてから、アミューズ所属のアーティストなどに振り付けを提供する。BABYMETALが代表的。

・ELEVENPLAYというダンスカンパニーを設立して、CMの振り付けなどをたくさん手がける。

・リオ五輪閉会式で演出を手がける。

・「逃げるは恥だが役に立つ」の「恋ダンス」を手がけてめちゃめちゃ有名になる。

恩人 大里洋吉

アミューズの会長さんです。

この方がMIKIKOさんを見出した人ですね。

アクターズスクール時代に発表会の振り付けをしていて、それを評価してくれていたみたいで、後にMIKIKOさん自身が企画・演出・制作をした「DRESS CODE」を見て契約に至ったそうです。

そこからMIKIKOさんのニューヨーク行きの背中を押してくれたのも大里会長です。

やはり、こうやって見出してくれる人がいたんですね。

裏方の理由

これだけ振り付けの才能があって、MAXのバックダンサーをやっていたり、ダンスの大会で優勝したりしていれば、なんでもっと華のある表舞台のダンサーにならないのかな?と思いますが、これはMIKIKOさん自身が何にワクワクするのか?に正直に向き合った結果なんだと思われます。

「私は「ダンスがないと生きられない」という人間ではなかったし、踊ることに命をかけている周りの人との温度差みたいなものと、その感情への憧れみたいなものは常にあって。いつか興奮することに出会えたらいいなと知らず知らずのうちに探していた気がします、その興奮ポイントを「作ること」に見出せた今は、自分がステージに立ちたいと思うことはまったくないです。」

このように語っています。

これですね、ダンスを踊ることそのものに最高の情熱を持てなかった。

昔から舞台裏から舞台を見ているのが好きだったみたいで、それが演出振付家に繋がったんですね。

だからこそ、裏方であることに迷いがないのかもしれません。

これは参考になりますね。

やはり、自分が何にワクワクして、何が幸せであるか。

これは見つける、探すというより、もう自分の心の中にあるものかもしれませんね。

MIKIKOさんの仕事

圧倒的に寄り添ってくれる。

そんな印象を受けます。

もちろん、見てるお客さんを楽しませる、ワクワクさせることも大事ですが、「踊り手」を非常に大切にしている。

MIKIKOさんのテーマが「踊っている人をかわいく見せること」。

その人のチャームポイントを引き出すことを目的としています。

だからこそ、MIKIKOさんの手がけている振り付けは、その人らしさが最大限、出ているからこそ、無理がなく(難しさはまた別)楽しく踊れる振り付けだからこそ魅力的なんでしょうね。

Perfume

MIKIKOさんを語る上で欠かせないのがPerfumeです。

MIKIKOさんもPerfumeも、どちらも名前が世に出る前からの付き合いですし、なによりダンススクール時代からの教え子でもありますからね。

苦楽を共にしてきた仲間です。

今までの全ての振り付けを担当しています。

これがなぜか検索で「MIKIKO Perfume」で検索すると「不仲」という関連キーワードが出てくるんですが、なぜ?笑

もう16、7年の付き合いになるでしょうか。苦楽を共にしてきたというか、夢を叶えるまでの大変さも、夢を叶えた後の大変さも、現在も。たくさんの喜びを教えてもらいながら、彼女達と全部を共にしてきましたから。もはや家族の領域ですね。

そして、私が今、こうやってインタビューを受けていられるのも、Perfumeのおかげです。

Perfumeがいなかったら、私がやりたい振付を世の中に発することはできなかったので、そういう意味でも感謝しています。だからこの先。何があっても助けようとも思っています。もしも彼女たちがPerfumeを辞めることがあったとしても、その気持ちは変わりません。

どうですか、この絆!!

死ぬときは一緒よ!!という気概を感じます。

漢気ですね、MIKIKOさん。

ニューヨークにいた頃に振り付けのビデオを空輸で送っていたらしく、1人1人の振り付けを説明していて、8時間くらい、気づいたら夜になっていたということもあったらしい。

BABYMETAL

BABYMETALはKOBAMETALさんの元、SU-METAL、YUIMETAL、MOAMETALの3人。それとバックバンドの神バンドがいます。

BABYMETALはさくら学院から派生したバンドで、今や世界進出するまでになりました。

事務所がアミューズですので、その関連でMIKIKOさんが振り付けを担当するようになったみたいですね。

BABYMETALは組み合わせが絶妙ですよね。

ヘビーメタルにアイドルが歌って踊っている。摩訶不思議です。

MIKIKOさんはほとんどの踊りの振り付けを担当しています。

逃げ恥の「恋ダンス」

「逃げるは恥だが役に立つ」流行りましたねぇ。

かなり社会現象になりまして、色々な人たちが踊っていて、結婚式の余興なんかでも1番人気なんじゃないでしょうか?

ケネディ大使まで踊っていました。


MIKIKOさんがこの「恋ダンス」の振り付けをしています。

MIKIKOさんは「日常のしぐさ」をよく取り入れています。

この恋ダンスもそういうしぐさがとてもチャーミングに取り入れられていて、印象に残るダンスになったんじゃないでしょうか?

まあでもこのダンスは、踊るとなると結構難しいという難点もあるんですがね。笑

ちなみにMVで踊ってるダンサーの方々はMIKIKOさん率いるELEVENPLAYのメンバーです。

リオ五輪閉会式

リオデジャネイロのオリンピック閉会式での日本のパフォーマンスは凄かったですよねぇ。

椎名林檎、MIKIKO、佐々木宏、菅野薫が中心となって今回のパフォーマンスが行われました。

MIKIKOさん自身が最新のテクノロジーを積極的に取り入れてることから、Rhizomatiksの真鍋大度さんとも密に連携を取ってたんじゃないでしょうか。

この中に名前を列ねることがすごいですが、今までの実績を見れば当然の抜擢かもしれません。

実際のダンスがメインで始まった時に使われた曲にPerfumeの曲を手がけている中田ヤスタカさんの曲も使われていました。

やはり今まで一緒にやってきた人たちとの"チーム"を感じますね。

▶︎【『H ZETT M』って何者?リオ五輪閉会式にも関わった凄腕ピアニスト!!

▶︎【椎名林檎を筆頭に【GINZA SIX】の「アート」のメンツが凄すぎるので紹介する

まとめ

この他にも自分自身で立ち上げたELEVENPLAYの活動だったり、CMや他のアーティストだったりたくさん実績があります。

Perfumeを母体にBABYMETAL、リオ五輪そして恋ダンス。

乗りに乗ってます。

ここまでくればもう東京オリンピックでも是非演出を手がけてほしいですよね。

MIKIKOさん自身、表舞台に出ることに全然こだわっていないのであれなんですが、こういう裏方の人たちにもスポットが当たっていくのは嬉しいですよね。

僕は裏方の人たちに興味津々なので。

リオ五輪閉会式の人たちも、がっつり取り上げられていくんじゃないでしょうか?

いいものはやはり、ほっとけませんよ!!

にしても結構本気でMIKIKO先生にダンス習ってみたいなぁ。と思う日々です。

▶︎【【波乱万丈】『レスリー・キー』が【H&M】のキャンペーンで柴咲コウとコラボ!

スポンサーリンク