スポンサーリンク

こんにちは。ドスサントスです。

2018年3月25日(日)にガールズバンド・Silent Siren(サイレントサイレン)のライブに行ってきました。

"Girls will be Bears"Tourで全国を回っていて、鹿児島のライブに参加。

初参加でしたが、メンバーみんな可愛くてロックしてるのってかなり罪深くありませんかね。笑

Silent Sirenのライブの感想を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

僕のSilent Siren歴

僕がSilent Sirenの曲を初めて聞いたのは、

そうだな、、、

あの寒かった冬も終わり、暖かさが戻り桜も咲きつつある頃。

とはいえ夜はまだ少し肌寒い春の頃だったかな。

そう、ライブの3日前である。

僕がまだサイレント「シレン」と読んでいたあの頃です。

 

全然知らねぇじゃねぇか。

ほとんど知らないというか、存在は知っていたけどバンドの正式な読み方を知らないくらい知らない状態でしたね。

最近、ライブに行きたい欲が出てきて鹿児島のライブを探っていたところ、Silent Sirenが鹿児島に来るらしいという事で急いで曲を聞いてみたんです。

全員カワイイ!(曲は関係ないのかよw)

ということですぐにチケットを取って今回のライブに参加しました。

完全にノリと勢いですね。開拓精神でライブに参加です。

ライブ当日〜ライブ開始前まで

ライブの場所

ライブ会場は鹿児島のCAPALVOホール。

鹿児島の「天文館」といえば割と有名かと思いますが、その天文館にあります。

他県から電車や新幹線で来ても駅からすぐ行ける距離で、なんなら歩いてもいけますね。

8階まであるビルなんですが、CAPALVOホールはその8階にあります。

なので景色が良くて、Silent Sirenのメンバーもここのホールは景色が良くて好きだということをライブ中に話していました。

客層・服装

客層はですね、男が多かった。(笑)おそらく7:3くらいで男が多かった気がします。

おっさんが1人で来てたりもしたので、躊躇している方は遠慮なくライブに行ってください!

やはりあのアイドル的な可愛さが威力を発揮しているのでしょう。全員、読者モデルですからね!

ライブでの服装に関してなんですが、いや、鹿児島やし、田舎のライブだから気合い入れてサイサイTシャツとかタオルとかしてるわけga...

みんな結構着てるね。笑

結構な割合でサイサイのTシャツとタオルを完全に装備して参戦していたので、鹿児島でも熱心なファンがいるんだなと思った次第でした。

開演前にトイレに行った時に、大をする方の個室でTシャツに着替えるために男二人組が入ってきました。みんな熱心です。

今度行くときは、周りが引くくらい全身ピンクでTシャツとタオルを巻いて、

サイサイ!!

あげ!あげ!

さつま揚げ!!

イェェエエーーイ!!

(※尚、あげ!あげ!さつま揚げ!!の部分はベースのあいにゃんのギャグです)

って感じで参戦するつもりなのでヨロシク。(嘘)

会場に着いてから本番まで

少し早めに着いたので、天文館内にある本屋で時間を潰しておりました。

僕はお腹が弱いので本番までに本屋のトイレで出せるものは全て出して準備万端!

会場に着いたらすでにサイサイファンと思われるサイサイTシャツを着た人たちがスタンバイしていましたね。

チケットに整理券が付いていて、それで列に並んでもよかったんですけど、面倒臭かったので1階でくつろいでました。

そして、もうそろそろかという時に進んでいく列に加わって、8階に到着して、グッズを買って入場。

グッズはタオルを買わせていただきました。

まあ、ある程度前の方から真ん中くらいで見れるんじゃね?と思って入ってみると、

最後尾。。。orz

SOLD OUTはしてないものの、ほぼ満員でした。。。orz

次からはちゃんと並ぶことにしよう。そうしよう。

1ドリンクは必ず頼まないといけないので、ジンジャーエールを頼んで開始を待ちます。

そして、携帯をいじっていたら突然ドラムが鳴り出して、

「授業中にウトウトしてたらいきなりビクッとして恥ずかしい思いをする」感じでビクッとしてしまって、驚いて、ウォ!って言ってしまったけど、演奏が始まり出してるから周りに全く気づかれることなく一人で恥ずかしがってる感じでライブスタート!!

ライブの感想

メンバー全員かわいい

まあとにかくこれですよ。

絶対にこの可愛さがプラスになってることは間違いない。男の客が多いのも頷けますでしょう。握手会をして欲しかった。

実際に見ても普通に可愛かったからなぁ。

「かわいい」はそれだけでエンタメですね。ちなみに僕はキーボードのゆかるん推しです。かわいい。

ちなみに、ゆかるんは2018年3月に発売されたキーボードマガジン400号の記念回にインタビューが載っていました。

セットリストは思い出せないがゴリゴリにロックしてた

すみません、思い出せないというか、超初心者で参戦したため分からない曲が多々あった、が正確ですね。笑

ちなみに覚えている曲は以下の曲。

・merry-go-round
・八月の夜
・女子校戦争
・チェリボム
・さよなら日比谷
・AKANE
・フジヤマディスコ
・天下一品のテーマ

サイサイ歴3日にしてはよく分かったものだ!褒めてくれ!

「チェリボム」と「フジヤマディスコ」はかなり盛り上がってましたね。僕はフジヤマディスコがお気に入りです。

●フジヤマディスコ MV

SILENT SIREN Official VEVO Channelより引用

ブリブリのベースがたまりません。

後半の「AKANE」以降から一体感が増して、ウォォ!!って感じでかなり乗ってました。

本人たちは「見た目で判断されるのがすごく悔しい」と、あるインタビューで語っています。

彼女たちは読者モデルの企画で結成されたバンドじゃなくて、それぞれ音楽が好きで楽器をやっていたのがキッカケなので、粋(いき)なんですよ。粋。

でもカワイイのは隠せないからなぁ。笑

ゴリゴリって表現は不適切かもしれないけどwかなりロックしてたと思います。

実際のライブはイマイチってバンドもありますが、そんなに気にならなかったですね。

特にベースとドラムは結構安定してたと思うんですがどうでしょう?

すぅのボーカル

ボーカルのすぅはライブではちょっと不安定かな?

でも声がいいんですよね。カワイイ。人によっては苦手だったりするのかもしれないけどね。

アップテンポでロックな曲でも全て可愛い雰囲気になるというSilent Sirenの魅力かもしれません。

キーボードのゆかるんがもったいない

キーボードのゆかるんは全体通して煽り担当だったというイメージが強い。

でも超カワイイから全然OKなんですけどね。笑

煽り担当だけど、もうちょっとキーボードが目立つ曲があってもいいような気がするのは僕だけ?w

シンセじゃなくて、ピアノに近い音でメロディックに弾いてる見せ場とかあればそれこそ、

君のハートを打ち抜けズッキュン♡

になると思うんだけどなぁ。(なんだそれ)

ライブ中のMC

印象的だったライブ中のMCを書いてみます!

ひなんちゅのクールなMC

ひなんちゅさん、クールだったな。笑

他のメンバーが、

みんなー盛り上がってるぅ?♪( ´θ`)ノ

って感じなのに対して、

ホントに盛り上がってる?( ´_ゝ`)

って来た時は、あれっちょいとキャラ違う人がきたな、もしかしてこのどっしり感はリーダー的存在の人では?と思ったらリーダーでした。

面白くするためにあのキャラなのかと思うんだけど、いい感じにクールやった。

だからドラムもあんなにどっしりしているのかな。

ご当地格付け

ツアーを回ってる時にやっている、ご当地の食べ物とハズレを食べ比べて当てるというもの。

ハズレが溜まっていくと罰ゲームが待っている。

鹿児島では「知覧茶」でした。知覧といえばお茶と特攻平和会館が有名です。

鹿児島なら「黒豚」かと思ったとゆかるんが突っ込んでいましたが、That's right!!

黒豚にしてあげてよぉ〜。笑

とまあ知覧茶で格付けでしたが、みんな正解!!

いつもは誰かが外すから、この格付けが終わった後はちょっと雰囲気が良くなくなるそうですが、今回は晴れやかな気持ちだったそうです。笑

こうゆう企画は現地の人間からしたら嬉しいですよね。

その土地にまつわる話題が出てくると嬉しいものです。

西郷どん...あれっ?

鹿児島は大河ドラマの西郷どんで沸いていて、絶賛ナウなネタです。

テンションあげ!︎あげ!さつま揚げ!!

などあいにゃんの独特なリズムの鹿児島ギャグが炸裂していたのですが、

そこで、

西郷どんの話をすると盛り上がるんだよね?♪( ´θ`)ノ

って観客に問うたところ、

シーン。

あれれ??笑

若者が多いからみんな観てないのか、興味がないのか。笑

前にレキシの鹿児島でのライブに行った時は、今年は維新150周年!!って池ちゃんが言っただけで、

イエェーイ!!

ってみんなサンシャイン池崎だったんだけどな。

西郷どんは意外と盛り上がってない説。いや、客層の違いかな。

あいにゃんが鹿児島に縁があった

ベースのあいにゃんは鹿児島が第2の故郷だそうで。

関係者席におばあちゃんや親戚が来ていたらしく、MCでも一番あいにゃんが喋っていた気がします。

なんか一番親しみやすいというか、ちょっと中川翔子に似てませんか?

中川翔子を可愛くして、オタク感が抜けた可愛いお姉ちゃんって感じ。

まあね、地元に縁が深いエピソードを聞くと妙な仲間意識が芽生えてしまう九州人。笑

サイサイ応援したくなっちゃいますよね。

サイサイのベースはかなりブイブイ言わせていて、スラップもあるし、歌ってるベースラインも結構あるので好きですねぇ。

そいえば、あいにゃんはベースマガジンの表紙を飾っていましたね。

ホント、頑張って欲しい。

まとめ

とにかく、

可愛かった!

スポンサーリンク