スポンサーリンク

4月21日からスタートしたドラマ「女囚セブン」。

その主題歌に新しい学校のリーダーズの「毒花」が起用されています。

(出典:新しい学校のリーダーズ OFFICIAL WEBSITEより)
そしてその「毒花」をプロデュースしているのがなんとH ZETT M!!

なんかこのくだり、マトリョーシカみたいだな。笑

さてさて、それでは掘り下げていきましょう!

スポンサーリンク

新しい学校のリーダーズって?

「模範的なヤツばかりが評価されるこの時代、くだらない不寛容社会から、個性と自由ではみ出していく」

というコンセプトで、今までの学園系とは一線を画した女性四人組グループ。

バンドではなくて、アイドルグループなんですけど、はみ出し系アイドル、、、そんな感じです。

反骨精神を出してきたといいますか、現代の同調圧力に切り込んでくる感じがあります。

まだWIkipediaも立っていなくて、情報が...。笑

メンバー

SUZUKA

SUZUKA

新しい学校のリーダーズ_日直さん(@japan_leaders)がシェアした投稿 -


RIN

RIN

新しい学校のリーダーズ_日直さん(@japan_leaders)がシェアした投稿 -


KANON

KANON

新しい学校のリーダーズ_日直さん(@japan_leaders)がシェアした投稿 -


MIZYU

MIZYU

新しい学校のリーダーズ_日直さん(@japan_leaders)がシェアした投稿 -

ちょっと昭和の匂いがするはみ出し系だと思うのは僕だけでしょうか?

マイルドヤンキーならぬマイルドスケバンって所かな。笑

1stシングル 毒花

1stシングルでいきなり「女囚セブン」の主題歌です。かなりのインパクトです!

発売日/予約

発売日は2017年6月7日発売です!

予約はAmazon・楽天でも受け付けてます。

ミュージックビデオ(MV)

「女囚セブン」の主題歌だけあって、結構棘のある内容になっていますね!

かなり昭和の匂いがするロックな曲ですね。

冒頭の感じからしてハードロックか!?と思わせるような格好良さがあります。

H ZETT Mプロデュース

今回この曲とカップリング曲の「ワカラナイ」を作曲したのがH ZETT Mさんです。

カップリングの「ワカラナイ」は「淡い恋心を描いたシティポップ系の楽曲」とのこと。

H ZETT Mさんは現在、 H ZETTRIOというピアノトリオバンドで活躍していまして、そのバンドの楽曲がなんとリオ五輪の閉会式のパフォーマンスの中で使われています。

この人は結構すごい人でして、今回の作曲がH ZETT Mと書いてあるのを見たときは5度見くらいしました。

詳しくはこちらを見ていただけると⬇︎

▶︎【『H ZETT M』って何者?リオ五輪閉会式にも関わった凄腕ピアニスト!!

だから今回の「毒花」はピアノロックになっているんですね。

この人のピアノはまさにピエロ、いや怪盗キッドですね。←なんじゃそりゃ

なんでもいけるから万能ということですね。

今回の2曲についてH ZETT Mさんは「切れ味鋭い彼女達なので“今”というスピード感をイメージして制作しました」と毛立っていまして、その通りに疾走感のあるロックな曲に仕上がってますね。

まとめ

2015年から活動していまして、今回の「毒花」が記念すべき1stシングルとなります!

まだまだ、情報も少ないですが、のし上がってくるのを見守りたいと思います。

4月29、30日に行われるニコニコ超会議にも出演するとのことなので、気になる方はチェックしてみてください。

H ZETT Mさん、これからまた色々手がけてほしいですねぇ。

こちらもよかったら⬇︎

▶︎【圧倒的透明感!【Uru】の「しあわせの詩」がフランケンシュタインの恋の挿入歌に!発売日/予約/MV情報

▶︎【亀と山P『背中越しのチャンス』は『青春アミーゴ』を超えるか?発売日/予約情報

▶︎【吉澤嘉代子の『月曜日戦争』が「架空OL日記」の主題歌に!配信や発売日など

スポンサーリンク