スポンサーリンク

土地勘のない場所で車を止めて、「あれっ、どこ止めたっけ?」ってなる事ありませんか?

どこか目印になる場所とか覚えてても、そもそも目印が見つからないとか。

僕自身、以前熊本に遊びに行った時に、とあるパーキングに車を止めて街の方に行ったんです。

どうせ戻ってこられるだろうと思ったらどっこい、戻れない。←

アーケード街がもうややこしくて、ややこしくて。

なんか橋を渡ってきたような気が、とか思い出しながら地形から帰り道を探そうとiPhoneのマップを見ていたんですね。

そしたら車の駐車位置が表示されてるじゃないか!

経路を表示してあとはルンルン♪です。

これぞまさに「不幸中の幸い」。

そんな超便利な機能をご紹介しちゃいます。

※BluetoothあるいはCarPlayが使える方が対象です。

スポンサーリンク

事前設定

一応この機能を使うには、どうも事前に設定しておくものがあるみたいです。

僕の場合は最初から設定がされていて、自分で設定を解除したりしなかったのでスムーズに使えました。

iPhoneの機種とiOSのバージョン

iPhoneの機種は設定でどうこうの問題ではないですけど、iPhone6より後のiPhoneが必要です。

そしてiOSのバージョンはiOS10です。

「設定」で行う事

Appleのページでも書いてある事ですが、ここでは画像も交えて説明します。

「プライバシー」を選択

その中の「位置情報サービス」を選択

そして「位置情報サービス」右にずらしてオン!!です

そしてそのページのままページを下にスライドして「システムサービス」を選択

その中の「利用頻度の高い位置情報」をオン!!にする

そして今度は戻って「マップ」を選択

その中の、あなたの車の「注射した場所を表示」を右にオーーン!!

これで「設定」の中の設定はお終いです。

BluetoothとCarPlay

自分のiPhoneが車のBluetooth、あるいはCarPlayに接続している必要があります。

僕はBluetoothを使っているので、その説明を少し。

「設定」からBluetoothを選択

そしてBluetoothをオォオーーーーン!!!

車のデバイスが検出されるまで待ちます。

ここでPINやパスキーを求められたらそれを入力します。

自分の車を探す

さてここまでくればもう簡単。

一回自分のiPhoneと車を接続されれば、その位置が記憶されています。

車を止めて街に出かけて、さて、帰るかってなった時にマップを開いて、

駐車中車両をタップ

車までの距離も書いてあります。

そして経路を選択。これでもう車までまっしぐらです。

まとめ

本当に僕自身これを知ったのがまぐれっていうおかしな感じなんですが、便利ですね。

土地勘のない土地ではかなり重宝すると思います。

よろしければ使ってみてください。

 

スポンサーリンク