『H ZETT M(エイチゼットエム)』って何者?変幻自在にピアノを操る凄腕ピアニスト!!
スポンサーリンク

現在はH ZETTRIOとして活躍しているH ZETT M(エイチゼットエム)というピアニスト・キーボーディストを紹介します!

なんか不思議な人なんだけど実力がヤベェんですよ

ヤベェんですよ。って。笑

でもホントに凄いんですよね。経歴がヤベェ。

様々なところで活躍していて、東京事変、PE'Z、H ZETTRIO、2016年のリオデジャネイロ五輪閉会式などなど、キーワードが半端ない!

最近はトリオで活躍していますが、ピアノトリオバンドが今熱くて、ドラマ「カルテット」でも音楽を担当した「fox capture plan」もしかり。

でも有名にはなって来ているけど、まだ知られていない感じもあるんですよね。

なのでH ZETT Mさんの今までの活動を振り返る形で、経歴を紹介していきます!

スポンサーリンク

H ZETT Mの経歴

プロフィール

人物

かつて侍JAZZバンド・PE'Zのピアニストだった「ヒイズミマサユ機」、椎名林檎の率いた東京事変第一期の鍵盤奏者としてデビュー曲「群青日和」を手掛けた「H是都M」、ジャズトリオバンド・H ZETTRIOの正体不明のキーボーディスト「H ZETT M」と、いくつもの顔を持つ。

演奏スタイル

体全体を使って音を表現する極めてアグレッシブでアクロバティックな鍵盤プレイと、そのパフォーマンス性溢れる演奏、ロックやジャズを軸としながらもクラシック、ラテン、ヒップホップなどの素養を感じさせる幅広い音楽性、それらを支える確かな演奏テクニックは多くのファンやアーティストからの支持を得ている。超絶技巧に加え、実験性と高度な芸術性が融合した超人的パフォーマンスは、”無重力奏法”と形容される。

Wikipediaより引用

生年月日などが載ってない謎のある人物のような、そうでないような。笑

東京事変の初代キーボーディストの「H是都M」なんじゃないかと囁かれているけど、どうやら同一人物ではない設定ようなのでそこに触れるのはヤボというものです。東京事変のデビュー曲「群青日和」を作曲したのは彼です。

PE'Zのキーボーディストは「ヒイズミマサユ機」だがH ZETT Mと同じ人間なのかは定かではありません。

現在はH ZETTRIOでH ZETT Mとして活躍しています。

国立音楽大学を出ていてる本格派でもありまして、その音楽性は確かです。

"ガジェット"類が大好きみたいで、彼が使ってるキーボードや、録音機器などにはこだわりが見て取れます。

僕がH ZETT Mさんを知ったのは、YOU TUBEでまらしぃ君の動画で共演してるのを見たのがきっかけです。

そこから色々調べたりして、実際に彼の現在のピアノトリオバンド「H ZETTRIO」のライブにも行きました。半端なかったですよ、あの超絶技巧!独特の自由な世界観が魅力です。

「間違えずに弾く」とは正反対の、バリバリにそして楽しく弾きまくってるのが最高ですね。

それから...H&M(エイチアンドエム)に響が似てるなぁなんて思ったりもして..どうでもいいよね(爆)

アルバム

アルバムに関しては、今までに参加したアーティストが多すぎて紹介しきれないので、東京事変、PE'Z、H ZETTRIOの3組のアルバムを書いておきます。

●東京事変

  • 教育(2004)
  • 東京コレクション(2012) スーパースター、群青日和、夢のあと
  • 深夜枠(2012) 心、ダイナマイト、その淑女(をんな)ふしだらにつき、顔

●PE'Z(ミニアルバムとオリジナルアルバムのみ)

ミニアルバム

  • Pe'z
  • 速人 -HAYATO-
  • OKOKOROIRE
  • Akatsuki
  • 花咲クDON BLA GO!
  • スズ虫
  • つくしんぼ-TSUKUSHINBOW-
  • 千歳鳥-CHITOSEDORI-

オリジナルアルバム

  • 九月の空-KUGATSU NO SORA-
  • 極月-KIWAMARI ZUKI-
  • 起きて寝る -FUNNY DAY & HARD NIGHT-
  • 1・2・MAX
  • I WANT YOU
  • 向日葵-Himawari
  • OH! YEAH! PARTY!!
  • JumpUP!
  • 血騒 -chisou-

●H ZETTRIO

  • ★★★(三ツ星)
  • Beautiful Flight
  • PIANO CRAZE
  • H ZETTRIOのChristmas Songs
  • Mysterious Superheroes

コンサート・ライブ

現在はH ZETTRIOで活動していて、コンサート・ライブ、ツアーを積極的に行なっています。

しかもほぼ全国を回っているので、聴きに行きやすいというのも非常にありがたいです。僕もライブに行った時は地元の鹿児島でした。

現役バリバリです。

YouTubeより引用

リオ五輪閉会式の曲に抜擢

まさに世界的な大イベントでH ZETTRIOの曲が使われました。

曲は「NEO Japanesque」、「Get Happy!」の2曲です。

リオ五輪閉会式で曲が使われた経緯としては、このリオ五輪閉会式のパフォーマンスを演出していたのが椎名林檎さんです。東京五輪でも開会式・閉会式のプランニングチームに抜擢されましたよね。

そしてH ZETT Mさんは椎名林檎さんのバンド「東京事変」の初代キーボーディストのH是都Mと同一人物じゃないけど、同一人物と囁かれているので、その繋がりでだと思われます。←ややこしい笑

東京事変を離れた今でも椎名さんのサポートをしていたりと繋がりも深いんです。

今回の音楽の選曲は、ダンスの振り付けを担当しているMIKIKOさんからの提供資料がジャズバンドだったということも大きかったと思われます。

以前、スイッチインタビューで西加奈子さん(小説家。「サラバ」などが有名)と対談した時に椎名林檎さんが、

西加奈子:「元々林檎さんが好きな音楽ていうのは、例えば、クラシックやったりジャズやったり...」

椎名林檎:「そうですね。まず歌はいらない。歌が入ると風俗になる。」

と語っていまして、今回は仕事とはいえ、自分の好きな音楽を提供する事ができたんじゃないでしょうか?

その中でH ZETTRIOを抜擢したのは、昔からの付き合いもあるでしょうが、実力を認めているからでしょう。

そして「H ZETTRIO→エイチゼットリオ」これこれ!リオの部分を掛けたからでしょ!!←

安倍マリオリオを掛けたって説もあるし。笑

さて長くなりましたが、閉会式で使われた曲の公式動画です。

●NEO Japanesque

YOU TUBE/OFFICIAL_H ZETT M_H ZETTRIOより引用

●Get Happy!

YOU TUBE/OFFICIAL_H ZETT M_H ZETTRIOより引用

これらの曲がミックスして使われています。これらの曲はH ZETTRIOの真骨頂というか、そんな曲たちですね。

キャッチーだし、演奏もめちゃかっこいい。

PE’Zのピアノ・キーボードとして

ジャズをベースにしながらもラテンやロックなど多様な音楽を貪欲に取り入れたサウンドと緊張感と躍動感を兼ね備えた圧倒的なライブパフォーマンスで「侍ジャズバンド」と評される。

東京渋谷でのストリート・ライブでは時に1000人以上の観客を集めてデビュー前から話題となり瞬く間にインディーズ・チャートを席巻、「インストはメジャー・シーンでは売れない」という常識を覆してメジャー・デビューを果たす。日本に留まらず世界に向けて音楽を発信し、ヨーロッパ、韓国、台湾などでもCDをリリースしている。

wikipediaより引用

メンバーは、

  • Ohyama "B.M.W" Wataru(トランペット)
  • Kadota "JAW" Kousuke(テナーサックス)
  • Nirehara Masahiro(ウッドベース)
  • ヒイズミマサユ機(ピアノ・キーボード)
  • 航(ドラム)

ジャズインスト界では有名なPE'Z。

ジャズをポップに押し上げて、その間口を広げた素晴らしいバンドでした。2015年に解散。

H ZETT MさんはPE'Zのヒイズミマサユ機ではないかと言われていますが...真相は謎です。ということにしておいてください。

様々なタイアップに使用されていますが、千原ジュニアが主演をしている「新・ミナミの帝王」に楽曲が使われたりしていて、ドラマを見ていて気づいた時は驚きました。

YOU TUBE/PezEMIVEVOより引用

東京事変のピアノ・キーボードとして

東京事変の初代ピアノ・キーボーディストと言われていますが、その詳細のほどは分からない。

東京事変と言えば、椎名林檎が中心となって結成されたスーパーバンドでその一員でしたからね。そりゃあ半端ないです。

「群青日和」を作曲したのは有名ですね。

YouTubeより引用

そんなに長くは在籍していませんが、その後も椎名林檎との関係は続いていて、楽曲に参加したりライブでも演奏に参加したりしてます。

YouTubeより引用

H ZETTRIOのピアノ・キーボードとして

今現在は、H ZETTRIOというジャズトリオバンドで活躍しています。

このバンドの母体は2015年に解散した「PE'Z」だと言われていますが、定かではありません。

その中からピアノのヒイズミマサユ機=H ZETT M、ウッドベースのNirehara Masahiro=H ZETT NIRE、ドラムの航=H ZETT KOUが集まって結成されたのがH ZETTRIOです。ですがこの「=」はぼんやりと否定されているらしい。笑

2014年にはモントルーのジャズフェスティバルにも出ています。

YOU TUBE/OFFICIAL_H ZETT M_H ZETTRIOより引用

こんな由緒あるフェスティバルにも出るくらいですからね、マジで半端ない。

彼らは一応"ジャズバント"となっていますが、ガチガチのジャズではなくて本当に色々要素が入ってます。キャッチーでノリノリの曲が多いですが、聞かせるしっとりした曲もあり、ジャンルなんてないですね。

自由。まさにそれです。

にしてもマジで上手い。入り込んでるって感じ。上原ひろみさんもそうですが、ここまで弾けたら楽しいだろうなぁ。

それから、アヒルが出てるアフラックのCMの曲は彼らの曲です。あのCMの曲はH ZETTRIOの「あしたのワルツ」という曲です。いい曲ですよね。

最近では、NECのノートPC「LAVIE Note NEXT」のCMですね。曲名は「What's Next」。本人たちの演奏している姿が披露されています。

まらしぃ君との共演

あの有名なピアノ弾きの「まらしぃ」君と共演しています。

まらしぃ君のピアノトリオバンド「Logical emotion」とも一緒にライブを開いたりして、お互い実力を認め合った仲みたいですね。

僕が知ったきっかけはこの動画。

YOU TUBE/OFFICIAL_H ZETT M_H ZETTRIOより引用

なんだこのピエロは!?

と気になってしまったんです。

まあ調べていくと、東京事変のメンバー、PE'Zのメンバーだったとか、そうでないとか、同一人物ではどうやら!?ないらしい、すごい人だったんですけどね。

まらしぃ君も凄いんですけど、H ZETT Mさんも弾けまくり感とか変幻自在感とか、この人やばくね?ってなったんですね。

あと二人の「残酷な天使のテーゼ」なんかも有名です。

上の動画はもともと、まらしぃ君の「「千本桜」を弾いてみた【ピアノ】」という動画があって、その流れで実現したんじゃないかな。

ちなみにまらしぃ君の「千本桜」の現在の再生回数は約1900万回。凄すぎ。

まらしぃ君はかなり人気になってしまって、ピアノの動画あげればすぐ数万回は行きますし、「パズドラ」でも実際に生演奏したり、ワンマンコンサートを開いたりノリに乗ってますね。

ピアノ好きの僕としてはマジで応援していますよ!また何か一緒に弾いてアップして欲しいですよね。

●追記

2018年7月21日に行われた「境港妖怪ジャズフェスティバル2018」で共演しました。

「残酷な天使のテーゼ」や「千本桜」などを演奏したみたいです。

3D/4D PIANO ANIME Theater!の一員

僕は好きなんですよねぇ、この企画!ちょっとマニアックな話になってきましたが。笑

赤い流星/H ZETT M/事務員G/まらしぃという豪華面子でアニメの曲を弾き倒してます。

ニコ生の動画も見たんですけど、H ZETT Mさんはマジで独特。wwwあんまり喋らないけどふざけてるっていう謎の存在感。

こういうところが彼の世界観を高めていて面白いです。笑

3Dは事務員Gさんが居ません。それで4Dをやるときに、H ZETT Mさんがぜひ事務員Gさんをという話だったらしい。

どっちのジャケットでも真ん中もらっちゃってますね。さすがです。

ピアノが多い分、遊び心に溢れた曲ばかりで、僕としては「摩訶不思議アドベンチャー」、「目指せポケモンマスター」あたりが特に好きです。

さすがに5Dはキツイかもしれませんので、4Dでもいいのでまたやってほしいですね。

新しい学校のリーダーズのプロデュース

2015年に結成してから、2017年にH ZETT MプロデュースでCDデビューを飾ったグループです。

ちょっと癖が強そうな感じはありますが。笑 今、じわじわと人気が出てきている模様です。

1stアルバムも全て、H ZETT Mさんが作曲をしています。

関連記事

まとめ

経歴がマジでやばいH ZETT Mさん。

  • リオ五輪閉会式に曲が使われる
  • 東京事変の初代キーボーディストと言われているが設定上違うらしい
  • PE'Zのピアノ・キーボーディストと言われているが設定上違うらしい
  • H ZETTRIOとして活動
  • まらしぃ君と共演
  • 3D・4Dピアノの一員で参加
  • 新しい学校のリーダーズのプロデュース

などと、幅広く活動しています。

今後はドラマや映画などの音楽をやってほしいなぁと思いますね。絶対あの独特な世界観に引き込まれる気がするんですよね、クセになるというか。

気になったら是非聞いてみてくださいね!

関連記事

スポンサーリンク