スポンサーリンク

僕は一応、進学校の普通科を出ているのですが、3年生に上がるときに文系か理系の選択があります。

その選択でもっとちゃんと考えとけばよかったなぁと思うことが少なくありません。

まあその選択をちゃんとというか、自分に素直にしていれば人生大きく変わったかは疑問ではありますが。

2つ後悔していることがありまして、書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

自分に正直になればよかった

これなんですよ。

僕は理系を選びました。何でか?

周りに「就職するなら理系の方がいいと言われたから」です。

思考停止してます。完全に流されています。でも理系の方が確かに世の中的にもそれなりに仕事につける気はします。

でも!でも!僕は数学や物理が嫌いだった...orz

そのため2年生以降の成績はダメダメでしたね。

大学目指してましたけど、何のために入るのかも分からなくて、というかやりたいことを封印して周りの人やいわゆる一般常識に飲み込まれて無気力な日々を過ごしてしまって失敗してます。

浪人までしてますが大学には行ってないという、やらかしてる感満載の人生についてはまた別の記事で書きますので。

ホントは文系に行きたかった。

小学校から歴史が好きで社会が好きでした。

小学校の夏休みの課題とかで、歴史の巻物とか作って展示されたりとか、三国志が好きで三国志について書いたものを提出したりとかね、これは中学生だったかな、そんな事したりしてました。

地図帳眺めるのが好きで、ヨーロッパの古都探しとか、小さい頃にエベレストがどこにあるか分からないから世界地図で探してみようと思って必死に探してネパールじゃなくてブータンにあることを発見したりw

あとはですね、三国志もそうですけど、最遊記とか封神演義にもハマって、封神演義に至っては史実が知りたくてちょっとお堅い本を図書室で見つけて読んだりとかですね。

歴史上の人物の人物伝みたいな漫画の本も結構読んでましたねぇ。

好きに歴史とか地理とか楽しんでたけど、学校のテストとかもちょっと頑張ったりして、高校1年の世界史とかでも学年1位とかありましたしね。

それなのに理系に行ってしまうというね、なんてこったい。

周りの人がどうとかじゃなくて、自分に正直になって文系行って大学行って専門的に歴史の勉強してみたかったなぁと思うんです。

それで食っていけたかどうか分からないけど、挑戦してみたかったというか、やってみればよかったなと今はすごく思います。

もしとことん挑戦してダメだったとしても、次にやることに心置き無く移れますよね。

僕は結構それを今も引きずっているんだなぁと最近思いましてね。

一番後悔するのって、やらない後悔なんだなと、ホントそう思います。

これが正しい!という気は無いんですけど、自分がこの先、これをやらなかったらずっとモヤモヤを抱えて生きていくかもなと思うのであれば、一度その道を考えてみるのもアリだと思います。

そしてもう1つが。

僕は...共学の学校に入ったんだよね?

上の話とは落差が半端ないんですけどね、大事なことだと思うので。

1年の時は全クラス男女半々で普通の共学LIFEを楽しんでいたのですが、2年の文系理系の選択の後、悲劇は起きた。

男子クラス。

共学であるはずなのに男子しかいないという、地獄絵図。

確かに男だけだからそりゃ好き勝手できますよ、下ネタなんておかまいなしです。

でもさ、15歳から18歳までのいわゆるまさに青春って時に男だけって...。

文系の方は当然ながら女の子が多いんですよ、パラダイスなんですよ!!

なんでそのパラダイスを選ばなかったのか!一生の後悔です。本当に。

くっそー、そしたらなぁ、サンシャイーーン、いけ、ぼこっ、ザキ、

イエェェェーーーイ!!!

って感じで空前絶後にハッチャけてたのになぁ。(※僕は本来そんなキャラではありません。)

僕らの学年は可愛い子が結構揃ってると噂されいた、まさに黄金世代でした。

なのに俺は、何を...していたんだ...?

まとめ

皆さん、これらのことを踏まえて、しっかり文系理系の選択はしましょう。

せっかく共学に入ったのに1年間男子クラスってのはね、辛いものです。(結局それか)

後悔のない選択をしましょう。

スポンサーリンク